August 17, 2017

The Tunnel (0:54)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 レンズはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR。手持ちでF5.6。
 車で別の場所に行ってて状況的にNG。思いつきでここらへんを訪れ。急に結構な雨が降り出し、これはたまらんとたまたま雨宿りした場所。

August 14, 2017

新盆に際して少し


(クリックすると拡大画像を表示します)

 亡くなった母に花が届くのが続いてる。ありがたいことだ。
 母は某議員の私設秘書を長いことしてた時期があって、晩年も議員会館のIDを発行してもらい、結構手伝ってたことがあった。体はそれなりに弱っていたので、家族は「もう辞めなよ」と度々言ってたけど。あれな父とずうっと家にいるより、本人的には楽しかったんだと思う。

August 13, 2017

みなとみらい(Pokémon GO PARK)

 ポケモンGOの公式イベントで、みなとみらい一帯でポケモンむっちゃくちゃ湧く祭りになってたので行ってた。21時半頃に離脱したけどまだ湧いてた。トレーナーもごってり湧いてた。(^^)
 午前中から参戦して燃え尽きたのか、夜、みなとみらい駅近くの芝生で行き倒れてるトレーナーいた。(^o^)

 少しでも身軽でいたかったので、iPhoneで撮ってる。一眼は持って行かなかった。いずれきちんと夜景を撮りに行きたい場所ではある。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

August 9, 2017

新盆


(クリックすると拡大画像を表示します)

 新盆(初盆)を迎える。母が亡くなって冬が過ぎ、もう真夏だ。
 切り花の寿命は短い。枯れるのを待つのみ。

August 6, 2017

Nikon D750帰還


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 レンズはSONY FE 24-70mm F2.8 GMで。
 リコール対象になったNikon D750、修理から帰還。シャッターユニット交換、周辺部ゴム交換、修理期間中に更新されたファームウェアがアップデートがされていた。綺麗になって返ってきた。>周辺部ゴム交換
 郵送で時間がかかる旨が届いてたけど、修理期間はやはり10日前後かかってる。

 ひとまず電池やカードを挿し、スピードストラップと標準ズームの大三元(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)付けといた。(^^)

夜Adenium socotranum cv. (23:07)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 うちに来て約10年。
 レンズはSONY FE 24-70mm F2.8 GM、F4で。

August 3, 2017

白星 2017年7月


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
白星(Mammillaria plumosa)

 ほわほわ。うちに来て11年近く。最初は親株に小さな株が2つ付いてるぐらいだった(当時の写真)。
 レンズはSONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS、F4で。

July 30, 2017

ガジュマル 2017年7月


(クリックすると拡大画像を表示します)

 ガジュマル。うちに来て12年以上だった。このような根を持つが毎年剪定してしまうため、樹高は地面から40cm程度しかない。鉢植えで冬季のみ室内(温室)。
 レンズはSONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS、F8で。トリミングは全くしていない。
 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDより対象から距離を取るので、マクロレンズは2本あるとやはり便利なことを実感(Nikon 60mmマクロはレンズ先数cmまで寄れる)(SONY 90mmマクロの最短撮影距離は0.28m)。寄ると逃げる虫とか、寄せるとプルプルしちゃう無理な姿勢とかの場合、ある程度離れられたほうが撮りやすいでしょう。

July 26, 2017

SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS(SEL90M28G)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 マクロレンズは50mmのも出てるけど、
・あれは光学性能はそれほど。おまけにフードも付かない(インナーフォーカスではないくせに)=レンズを対象に当てる可能性大
・Nikonの60mm持ってて焦点距離がやや被る
 とのことから、SONY環境では対象から少し距離を置く90mmを選んでみた。評価も結構高いし。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 重さは602gと重いレンズではないけど、長さは130.5mmとそれなりにある…。標準ズームの大三元よりやや短い程度。
 最短撮影距離は0.28m。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 手持ちで簡易フォーカステスト。トリミングのみの大きさ100%。左上アイコンをクリックしたものが100%。
 はい、マクロレンズできっちりこうならないと困ります。手ブレ補正はレンズ内、α7R IIにはボディ内にもあるけど、至近距離でここまでのピントを求めると手ブレには敏感になる。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 少し離れたポストカードを、同じく手持ちでトリミングのみの大きさ100%。こちらもきっちり。

 マクロレンズとしては全般的に優秀なレンズ。しかしGクラスでこのレベルなのに、同じくGの標準ズーム小三元(FE 24-70mm F4 ZA OSS)は、なんで甘いの世に出したのか…。技術の蓄積がなかったのか、開発を急いだのか。

July 23, 2017

エリア2017年7月某日


(クリックすると拡大画像を表示します)
 あえて広角気味に撮って山も入れたパラグライダー、宙に舞うゴミのようですね。ここで100%はどれぐらい解像してるか見てみましょう。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 クリックしたものが100%。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 5月後半に同じ場所で撮ってるけど、すくすく育ってる。ピントが合ってる部分のRAW(100%)は虫食いの跡までわかる。(^^)
 2枚ともレンズはTAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A030。値段の割には優秀。

July 21, 2017

ぱくちゃん / レフ or ミラーレス


(クリックすると拡大画像を表示します)

 この時期になると朝から水温が30度近くなるため、爬虫類(スッポンモドキ)(ぱくちゃん)は活発になる。餌のおねだりが凄まじい。うちに来て約17年。水中の浮遊物が多いのは、暴れて本人(亀)が派手に巻き上げたからです。(-_-;)
 レンズはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRで、F4。

 余談で、これぐらいの動きものでもα7R IIだとストレスになる。基本的にもっさりだけど、たとえ頭部にピン置けても実際はピンずれしてたり。レフ(D750)だとほんとあっさり。変にミラーレス持ち上げる層って一定数いるんだけど、レフ持ってないか nor レフで撮ったことないかのいずれかのはず。
 AFのカバー範囲の広さと、動体捕捉および追従の速さ&撮りやすさ、は全く別の話。D810の後継機がD750なみの大きさ&重さであれば、自分には理想に近いんだけど、まず無理だろうなぁ。レフの高画素機は絶対にでかくて重い。
 α7R III(4?)などの次世代機、もしくはNikonがフルサイズのミラーレス高画素機出した時に、動体にうまく対応できてるか。α9以降のAFが下位機に下りてくるのは確実なので、SONY機が解決する確率が一番高い、今のところ。

July 17, 2017

HVL-F32M, NP-FW50


(クリックすると拡大画像を表示します)
HVL-F32M
 α7R IIはフラッシュ非搭載なので、揃えといた。小型だけど最低限の機能があり、バウンス撮影等々もそれなりにできるので。このクラスでもかなり広い部屋でない限り十分。バウンスで使うといかにもなフラッシュ臭さが出ない。手持ちで室内撮影の時に使えば、ISOを低く、シャッタースピードを速く、より絞れる、などメリットが出てくる。
 この上位機種は存在するが、もちろんでかく&重くなる。フラッシュは純正でないとボディとの連携がかなり悪いので、社外品は最初から見てない。


(クリックすると拡大画像を表示します)
NP-FW50
 α7R IIの予備バッテリー、1個追加して3個体制に。しかもたけーし(1個、定価8,400円!+税)。デフォルトで2個付いてくるが、レフの2倍~3倍ぐらい減りが速い。0%で交換するわけじゃないから、交換の手間は結局、減りの速さ以上になる。2個運用だとちょーっと心もとない。
 旅行とかになったら2個同時に充電できる充電器や、モバイルバッテリー持ってかないと辛いでしょう。α7R IIが出るまで無論、世代を重ねてきた訳だけど、「SONYはなぜゆえにバッテリーをバージョンアップしなかったのか」「バッテリーがゴミのよう」等々、散々の評。自分もこれら評に賛成です。w
 ここらへんは職業カメラマンになると、より敬遠されるデメリット。レフだとなっかなか減らない。

July 15, 2017

Before Sunset...

Before Sunset

(クリックすると拡大画像を表示します)

Beginning

(クリックすると拡大画像を表示します)

Beginning > The Opposite Site

(クリックすると拡大画像を表示します)

 2枚め(Biginning)は日没後、すぐに撮った写真。なので空がまだ明るい。渋谷、新宿方向を見ている。
 完全に出ている夕日と上記時間帯の空を狙っていたため、あっさり満足してしまい→せっかくなんで反対側も観ておくかと。六本木、東京タワー方面に回ったら、こっちは完全な夜景になってた(3枚目。Beginning > The Opposite Site)。

 レンズはSONY FE 24-70mm F2.8 GM。手持ちのため、F値はそれほど上げられていない。三脚使用だったらF8で、ISOはいっても1600まで抑えちゃうけど。
 夜景のほうは窓の映り込みがあって、空をそれほど綺麗に撮れてない。

July 14, 2017

D750リコール

 対象が広がったD750のリコールに見事引っかかった。いえー! いえーじゃない。(-_-;) 面倒なのでニコンピックアップサービス使って出すことに。
 引っかかった時の画面を記念(?)でキャプチャ…。

(クリックすると拡大画像を表示します)

 これを書いてる時点('17/7/14(金))で、ネットだと最速で7/21(金)ピックアップ。なので、来週末に引き取りに来てもらうことにした。
 α7R IIもあるので写真撮れなくなるってわけじゃないけど。>動きものは撮る気しないけど…

ニコンデジタル一眼レフカメラ「D750」ご愛用のお客様へ

July 11, 2017

VANGUARD VEO DISCOVER 16Z


(クリックすると拡大画像を表示します)

 標準ズームの大三元&レフの組み合わせで、一般的なカメラバッグより小さくまとまるのないかなーと思っていて。特に他の荷物多い時とか。ちょうどいいのがあったのでぽちてしまた。


(クリックすると拡大画像を表示します)

 写真は2枚ともD750&(フードを逆さに付けた)AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを入れた状態。まだ少し余裕がある。当然、D750&TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A030とかとの組み合わせでも問題無い。メーカー的には「70-200mm f/2.8までのレンズを付けたデジタル一眼レフカメラに最適なサイズ」としてる。SONY機&大三元だとさらに余裕ができる。
 内装はしっかりしていて、裸 or 一般的なソフトケースより安心感は別物。肩ベルトだけでなく、バッグの上部にも持ち手が付いてる。

公式サイト:VANGUARD VEO DISCOVER 16Z